So-net無料ブログ作成

やっぱりマイアミ、2020年のサミット

サミット会議の提唱国フランス、そこから始まって、順繰りに7か国をまわって開催される。1975年にランブイエで始まった時、次の開催はアメリカで、となり、たしかプエルトリコで開催されたように記憶している。

この順番でいけば、フランスの次はアメリカ、マクロン大統領と次回開催国であるアメリカのトランプ大統領が共同で記者会見をしたのも別に不思議ではない。

開催国でもないのに、勝手気ままに行動するトランプ大統領、自国で開催となれば、ずいぶん自分勝手な設定をしそうだ、と思っていたが、やっぱりそうだ。候補地として、自分の別荘や、親族経営のホテルなどがあるマイアミをあげている。

これにいつ?という疑問符もつく。来年は大統領選挙の年、もう再選のためにやっきになっているから、このサミットをそのために使わないわけがない。
大統領選挙は秋だ。彼は共和党の候補となることには問題ないだろう。
とすれば、民主党候補との選挙戦本番か、民主党の候補者が決まりそうなときなどに、サミットをもってくる可能性もあるだろう。

そもそもサミットは、西側のメインの国々が、政治的には、対ソ、あるいは対コミュニズムのために集まったことに始まっている。最初は経済問題だけと言っていたけれど、2回目のアメリカから政治問題もいれて、となっていたと記憶する。

アメリカとカナダ、日本を除けばあとの4か国はヨーロッパの国、クリミアの併合をしたロシアを許せるわけはないのだが、トランプにとっては彼岸の問題だ。

45回目のサミット、この間に世界の歴史は大変化した。当時のソビエト連邦は分裂、NATOに対抗するワルシャワ条約加盟国だったポーランドも、バルト3国も、いまやEUのメンバー国になっている。

対立の構図は変わったし、経済的な力も変化している。G7が変わらないでいいはずがない。

友人の一人は、NATOなんてなくったっていいんですよ、トランプのいうことにも理はありますよ、という。
最後の世界大戦は、アメリカの参戦が大きな力となって、戦局を決めたけれど、あの規模の大戦があれば、地球は滅びる時代、軍拡をしても無駄だ、と言いながら、今や軍縮から軍拡へと舵をきられている。

どの国も基本方針は自国ファーストなのだろうが、ブラジル、アマゾンの火事をみていても、やっぱりグローバルに考えていく首脳会議というのは必要なのかもしれないな、と思っている。ただし、ちゃんとした首脳たちであることが最低の条件ではあるけれど。
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。