So-net無料ブログ作成

ある日、工事は突然に

今朝8時頃である。我が家の前に車が2台止まった。1台は軽トラ、もう1台はライトバンだ。
それぞれの車から男性が下りてきて、ずんずん、我が家の庭に入ってくる。庭といっても、道路との境はあっても、門扉などはない。

丁度、2階のベランダに洗濯ものを干していたところだった私は、とりあえず、おはようございます、と声をかけ、ここにいますよ、という合図をする。

彼らは工務店(名前もしらないのだが)の人たちだった。村の古い友人に、ベランダの支柱が1本腐っていることを以前報告し、修理を依頼していた。そのうち、そのうち、というのが知人の返事であったが、知人から工務店へと話しがいっていたらしい。

もうその工務店に依頼することは決まっているようで、支柱の丸太のサイズをはかり、また周囲の横木など、交換すべきもののチェックをする、という。
結局、支柱1本を交換すればいい、という問題では片付かず、支柱は2本、さらに、横木やいろいろ腐食の進んだ部分があることが判明。

家を建てて30年弱たっている。ようこそこれまでベランダが保ったものだと思っていたので、この程度の修理は当然なのだが、常識からいえば、下見をして、見積もりを出し、工事の日を決め、といった順序が当然なのだろうと思うのだが、ここではもう見積もりなしで実施となる。

今日、これから足場を作る人が来ますから、と言われ、管理事務所に報告にいけば、10日から18日までは、いかなる工事も認めないのだという。夏休みで休養に別荘族から、騒音などに文句が出るから、ということ。さて、そういうことなら、7-9日で終わらせなければならない。
ご近所へのご挨拶もしていかなければ、と何が何だかわからないけれど、なすべきことはたくさんある。

一通り、ご挨拶をすませて帰宅すれば、もうベランダの解体は一部すんでいる。「奥さん、2階のベランダは、今しばらく入らないで」と注意がある。

足場を組む場所は、アヤメの咲くところだが、もう葉がしおれて、そろそろ処理せねばと思っているところだから、がまんはできる。
ベランダに伸びた朝顔はあきらめてください、と言われる。

あきらめます。それより、いくらくらい費用がかかりそうですか?と聞きたいが、聞けない。まずは3日間で仕事は終わらせられますか?と聞くのが精いっぱいだった。
nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。