So-net無料ブログ作成

実家がなくなる

長兄が倒れた。89歳、今度帰省する折に卒寿を祝おうと話しているところの急報だった。
心不全で近くの大学病院に救急搬送されたという。
ほんの2日前、卒寿のことで電話をしたとき、ちょっと体調が悪いとは言っていたけれど、心不全をおこすほどのこととは思ってもいなかった。

兄と兄嫁の二人だけで住む実家、いつも、いつまでもそんな状態で続くとは思っていなかったけれど、兄の入院という事態になるのを、現実のものとは考えていなかったのだ。

一挙に問題噴出である。兄嫁は何級かは知らないが、身障者である。一応、何も問題のなさそうな兄と二人、支えあって生活をしていた。
兄がとても頑固で、介護の人はいれたくない、と言って、10年以上前に亡くなった母が不自由しているときも、頑として介護の人の訪問を受けず、母は自宅での生活をあきらめて施設に入った。

兄嫁の不自由さをみて、帰省のたびに介護申請をしたら?と勧めるのだが、いや、二人でどうにかできているから、と忠告を受け付けない。また兄嫁も兄の言うのを諾々として受け止めている。

どうにかならない状態になった。兄嫁の電話でびっくり、おっつけ刀で駆けつけなければと思ったが、兄嫁が、息子たちが東京からかえってきてくれましたから、という。
ああ、そうなんだ。ここは兄弟姉妹の出番ではない、息子が2人、ちゃんといるのだ、と口出しは止める。

兄は幸い、生命の危機という状態は脱したようだし、快方に向かっての病状らしい。
ほっとして、一度は出したゴロゴロのスーツケースをしまった。

次に考えたのは、実家はどうなるのだろう、ということである。
父が亡くなったとき、権利は放棄したし、兄が建て替えもしているから、何の権利も思い出もないのだが、実家という意識が残っている。

兄夫婦が今後二人だけの生活ができなくなると、地元の施設に入るのか、それとも息子たちが住む東京へ移ってくるのか。
住まなくなる家は売却するのか。
お墓はどうなるのか。

こんな問題、直接には関係ないことだ。息子二人が親と相談して決めていくのだろう。
兄は頑固に自宅で生活をする、と言うのだろうか。もう無理よ、と言ってやろう、と思って、これこそ余計な口出しだろうな、と自戒する。


とうとう我が実家も消えていくのだろうな、と少しずつ自分を納得させている。それより、兄夫婦がどうしたいのか、も先に解決すべきことなのだが。


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。