So-net無料ブログ作成

役たたずのナヴィ

一昨日、前橋のある事務所を訪問した。住所はわかっているので、事前に電話することもなく、ナヴィで住所を登録した。

前橋にはほとんど土地勘がない。住所をいわれても、それがどこにあるのか、道路の呼び名を言われても、全くのチンプンカンプンだ。県庁だけは承知している。

だから、今回はナビ頼りである。いつもは中途半端にナビを使うので、ナビがストライキをすることもある。しかし、今回はしっかりお願いね、と呪文もかける。

ところが、案内された通りに行っても目的の事務所は見つからない。「目的地周辺です。案内を終了します」という声がむなしい。
狭い住宅街の道路、そんなところに車をとめて、探し回るわけにはいかない。もう一巡してみることにする。

しかし、やっぱり同じことだ。仕方なく、ナビは無視して、電柱の住居表示を頼りにする。どうにか事務所はみつかった。
その事務所では用がたせないことがわかったので、別の場所にある事務所を教えてもらう。また住所が頼りだ。

どういうことだろう。また同じような結果になる。とんでもない細い、川沿いの一方通行の道をいけというのだ。たしか、大きな国道沿いにあるはずなのに。これは、やはり自分のカンに頼るほかない。どうにか国道に戻って、目的の事務所にはたどり着けた。

どうしてこんなことが起きるのだろう。もう一度、インプットした住所に間違いがないか、確認をするが、間違ってはいなかった。なぜ、あんなにへんてこなナビをするのだろう。
住所でインプットしたとき、何度かおかしいな、と思うことがあったけれど、ホテルであったり、大きな建物だったので、見つけることができていた。

おそらくはインプットされたナビを信じるな、という教訓をたれてくれているのだろう。こういう機械も、人間同様、間違いが多いと。
あるいは、数字通りに物事はすすまないとでもいいたいのかもしれない。

まるで、今の首相の言辞みたいだ。数字は正しいのかもしれないが、現実に即していないとか。
理想郷をインプットしたら、わが車のナビはどこへ連れて行ってくれることだろう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0